読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

元看護師が教える、命について考える時にやってもらいたい一つのこと

・どんな内容か:今日はちょっと真面目に命について話そうと思います。看護師だった私の目線からの命についてです。ちょっと頑張って書いたものです。他の記事は飛んでいってほしいのですが、この記事は一人でも多くの人に読んでもらいと思います。

・読んでもらいたい人:命について考えたいひと、平均寿命までは生きれると思っている人、平均寿命という言葉をググったことのない人、健康寿命という言葉を知らない人、たくさんの人

f:id:simple25best:20160221184800j:plain

『東京の空』

 

結論から言います。

命について考える時にやってもらいたい一つのこと、

それは死について考えることです。

ちょっと長めのブログになりますが、最後まで読んでいただけたら、

自分の命について考えるきっかけになると思います。

 

 □■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

外科病棟で看護師として働いていた経験があります。

昔はガンセンターと言われていた病院です。(今は名前が変わっています)

入院中の患者さんの8~9割の人がガン治療のため入院していました。

 

その時にすごく感じたこと。 

先生からガンと宣告されて、

改めて自分が死ぬということに気づいている人が多いこと。

 ものすごく衝撃を受けました。

 

間違えて認識している人が多いと思いますが、 

ガンになったから死ぬ訳ではありません。

ただ、死ぬ原因がガンになる可能性があるということです。

イメージで表すと、

 

×間違い:ガン→死ぬ

○正しい:人間はみんな死ぬ(理由:ガン)

 

ガンにならなくても人間は死ぬんです。

ガンが治っても人間は死ぬんです。

健康な人だって必ず死ぬんです。

死はもっと身近なところにあるのです。

 □■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

 『平均寿命』という言葉、あなたはどう解釈していますか?

日本は長寿国と言われていますが、

平均寿命という言葉をちゃんと調べたことはありますか?

 

ちょっとググって見て下さい。

私の経験上、多くの方は間違えて解釈していると思います。

 

平均寿命…0歳時の平均余命

こう書いてあることが多いと思います。

 

わかりやすくすると、

今0歳児の赤ちゃんの残りの命の年数です。

 

もうちょっとわかりやすくすると、

タバコや汚い空気を吸っておらず、暴飲暴食もしていない、ストレスをほぼ感じたことのない、まっさらな赤ちゃんの残りの命の年数です。

 

汚染された空気を吸い、乱れた食生活、睡眠不足、過酷な労働条件など

多くのストレスをかかえた現代人が、

あとどれくら生きれるかを表した数字

ではありません。

 

あなたは平均寿命を間違えて解釈していませんか?

何度も言いますが、

平均寿命は、あなたがあとどれくらい生きれるか

を表した数字ではありません。

そのことを忘れないでください。

 □■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

それと合わせて考えておきたいことをお伝えします。

寿命と関連するのですが『健康寿命』と言うものです。

健康寿命…日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間のこと。

わかりやすくいうと、

人の手を借りずに生活できる期間です。

 

私もいろいろ調べたのですが、人によって年数がわかるので

5~15年ほどと言われています。(詳しい数字は調べて下さい)

 

「人の手を借りる」というのもいろいろ解釈が出来ますが、

認知症で誰かの手が必要だったり、

一人ではご飯も食べれず、身体の向きを変えることの出来ない、

寝たきりの生活かもしれません。

 

80歳まで生きたとしても、健康寿命は65歳かもしれないということです。

(65歳からは寝たきり生活で、15年間生きること)

(65歳からは認知症で、今までのことは全く覚えておらず15年間生きること)

 

今まで考えていた、自分の老後の生活像と少し変わりませんか?

 

何度もしつこく同じことを繰り返ししますが、

命について考えること=死について考えること

だと思います。

 

ここまで読んでくださった方に、

最後に一つだけワークをやってもらいたいと思います。

 
Qあなたは、いつ、どんな原因で自分が死ぬと思いますか?

未来のことなので、想像できないことは承知です。

ただ、少しだけ考えて見て下さい。

 

例)私の場合

病気は遺伝性のものが多いので、家族・親族の病歴を考えます。

父方のおじいちゃん…脳梗塞で死亡

父方のおばあちゃん…元気、関節リウマチ持ち

母方のおじいちゃん…肝臓がんで死亡

母方のおばあちゃん…元気、乳がんで手術、糖尿病予備軍

父…元気、事故で腎臓破裂、持病なし

母…元気、子宮筋腫で手術

 

このことから…

将来的に婦人科系疾患になる可能性高そう

私甘いもの大好きだし糖尿病になる可能性あり

心筋梗塞は大丈夫かな?

おじいちゃんみたいに、寝ている時に脳梗塞で安らかにいけたらいいな

こんなことを考えながら、明日交通事故で死ぬかもしれない。

 

私の考える理想の死に方…

父方のおじいちゃんのように、

66歳、脳梗塞で寝ている間に死亡。

現役で働いていたが、無断欠勤のため、

会社の人間が不思議に思い、私の自宅を訪ねて死亡が発覚。

冬の時期であったため、腐敗はしていなかった。

苦しんだ形跡なく、まるで寝ているかのような最後。

66歳のため認知症は発症せず。

結婚できず独り身であったため、

弟の子ども、友人の子どもに

(金づるがいなくなったと)

別れを惜しまれる。

アーメン

  

一人でも多くの方が、

まず自分がいつか必ず死ぬ、という当たり前のことを意識して

毎日を大切に過ごしてくれたらいいなと思います。

以上ちょっと真面目なお話しでした。

(後半ふざけてすみません) 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後までお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ