読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

京都大卒、スタンフォード大学MBA取得、現副社長の直伝のお礼の仕方

すてきな人

どんな内容か:とっても魅力のあふれる方とお知り合いになって、毎回ためになるお話を聞かせてくれます。その内容を少しだけみなさんにおすそ分けです。

読んでもらいたい人:素敵なお礼の仕方が知りたい人

f:id:simple25best:20160301204136j:plain

『写真題名:ちょっと外国みたい@東京のどこか』

副しゃちょーさん曰く

ごちそうなどしてもらった時の、お礼は3回すればよいとのこと。

 

◆1回目はその場で。

これは当たり前ですよね。

私はその場で「ごちそうさまでした。」とにっこり笑って言います。

 

お財布を出したり、出さなかったり論争がありますが、

年の離れている人とのご飯では、私はお財布だしません。

レジ前でワタワタするのは、見栄えが悪く、

お店の方やほかのお客様に迷惑がかかります。

ごちそうしてくださる方の印象もよくなく、かえって失礼な気がします。

 

◆2回目は帰ってから。

メールでお礼を伝えるのが一般的ですよね。

メールものよいですが、私は直筆のお礼状を書きます。

そのため、よくハガキを使います。

名刺をいただけたら、住所もわかるので困りません。

ハガキでお礼を伝えると、

みなさんとてもよろこんでいただけます。

 

副しゃちょーさん曰く

フグなどをごちそしてもらった時は、

ハガキでなくお手紙でお礼を伝えると

好感度が上がるそうです。

 

ごちそうしていただいた値段によって、

気持ちを伝える方法をかえる。

とってもタメになりました。

 

◆3回目は次に会った時。

次に会った時に「この間はごちそうさまでした」と

笑顔で伝えるとよいそうです。

 

この3回を守れていれば、相手に不快感与えることなく

いいお礼が出来たということだそうです。

 

とってもシンプルですよね。

みなさんもお役立てください。

 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

 

ちなみに私の場合は、3回目のお礼を伝える時に

ちょっとした手土産を持っていきます。

 

副しゃちょーさんの場合はタバコを吸っておられたので、

タバコ銘柄とミリ数を覚え

次にお会いする時に、3箱ほどお渡ししました。

が、禁煙3週間目に入っていたことは秘密です。

でも3箱のタバコに一仕掛けしていたので、

喜んでいただけました。

 

副しゃちょーさんから嬉しいライン

貴女の心遣いは(たいへんよくできましたのスタンプマーク)です。

人を含めた環境は自信が作れる事を信念として、

楽しく仕事や私生活して行きましょ~

(一部抜粋)

 

やっぱり、あっちの世界の人は言うことが違います。

早くそっちの世界の住人となれるように日々精進します。

  

あ、ちなみにこの記事の副しゃちょーさんの話は、

違う記事の焼き直し版です。

違う記事には

副しゃちょーさんの話(お礼について+α)が載っています。

αの話もとってもタメになるので、

是非お時間のある時に探して見て下さい。

 □■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後までお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ