読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

【短所】私は追いつめられると、他人のことがないがしろになります。

はじめまして・わたしについて

どんな内容:私の短所について話してみようと思います。(需要なし)

読んでもらいたい人:@おんこのことを知りたい人(需要0)

f:id:simple25best:20160306201953j:plain

『写真題名:透明のネクタイ、透明すぎて見えない』

以前看護師として働いていて、学んだことがたくさんあります。

その中でも一番の学びだと思っていることのお話をしたいと思います。

 

私は受験の失敗して、看護師になる道を選びました。

9歳のころから小学校教諭になる夢を持っていたため、

受験の失敗がショックで死んでしまうかと思いました。

 

ショックで死にそうになっている時

なんとなく受験した看護学校から合格通知をもらいました。


教育大学を再受験するために浪人するか、

看護師の道を選ぶか悩んだ末、

「神様が"看護師"になって何かを学びなさい」

って言ってくれている気がすると

看護師になる道を選びました。

 

私の看護師人生は4年と短いものです。

 

看護師として仕事をしている中で、

常に「私はなんのために、看護師になったんだろう」

と自問自答を続けていました。

 

 

悩み抜いた末見つけることができた答えは、

私は自分が追いつめられら時には、
他人をないがしろにしてしまう傾向にあるということです。

 

看護師として生死に関わる機会が多く、

・命の大切さ

・時間は有限であるということ

・一人の人間に出来ることは限られていること

など学んだことはたくさんあります。

 

しかし私の一番の看護師としての学びは、

自分の弱さ・だめな所を知るためだったと思います。

 

 

私は外科病棟勤務をしていた経験があります。
簡単に説明すると外科病棟というのは

手術を受ける患者さんの
手術前・後~退院までを支える役割です。

 

 

私は手際が悪い私は時間内に業務を終わらせることが
なかなか出来なかったことを覚えています。

 

やらなければならない仕事が多いため、

優先順位を考えて仕事をしなければなりません。

 

外科病棟で優先順位が高いと判断されるのは、

状態の悪い患者さん・術後の患者さんのケアでした。

 

手術前の患者さんは、

手術をするような病気を持っているのですが、

手術をまだやっていないため、

比較的に身の回りのことは自分で行えます。

なので術後の患者さんと比べると優先順位は下がります。


今振り返ってみると、私は優先度が低いということで、

術前の患者さんの対応がおろそかになっていたと感じます。

 

 

手術は誰でもこわいですよね?

少しでも自分の話を聞いてほしいと思いませんか?

 

身体的には優先度は低いと思いますが、

精神面では一番フォローするべきだったと

今更ながらに感じます。

私は優先度が低いというだけで、

ゆっくり時間をかけて話を聴くことができませんでした。
というより

「聴こうという意識をもっていなかった」

ということが一番の反省すべきところだと思います。

 

患者さんもたくさんのサインを送っていたと思います、
・ご飯の摂取量がいつもより少ない
・表情が硬い
・目線が合わない
・手先が冷たい
・声のトーンが低い
ここに書いてあることはサインのほんの一部です。


自分で不安を表出出来る患者さんはまだいいのですが、
"看護師さんは忙しそう"

と思って我慢している患者さんも

たくさんいらっしゃったと思います。


私はそんなサインに気づきませんでした。


もしかしたら、

意識的に気づかないようにしていたのかもしれません。


気づいてしまったら、

話を聴くことに時間をとられ、

優先順位の高い患者さんをみれなくなってしまう…

 


サインに気づいた時に、

ゆっくりと患者さんと関りをもつ時間が

とれないことの罪悪感から、

私がものすごいストレスを感じてしまう…

 

結局私は自分の身を守るために、

あえて患者さんのサインに気づかなかったのです。

気づかなければ、ストレスを感じることもありません。

 

患者さんという他人を犠牲にしていたのです。

 

自分がたくさんの患者さんを受け持つ時、

優先順位を考えることは当たり前です。


しかし、優先順位が低いと判断してしまうと、

時間を長く使うことができません。

 

私はやるべきことがたくさん重なってしまうと、

一人一人を大切にすることができません。


自分の"やりたいと思うこと"と

"それが出来ないことから生じるストレス"から、

自分を守るためにないがしろにしてしまう

ということに気づきました。

 

このことに気づきを得るために、

どのくらいの患者さんを犠牲にしてしまったかわかりません。


本当に取り返しのつかないことをしてしまった

と反省しています。


とてもたくさんの人達に迷惑をかけて、

私は今学びを得ることができたと思っています。

 

それは、たくさんの人を犠牲にした上で、

今の自分が成り立っているということです。


このことは一生忘れず、

背負っていかなくてはいけないことだと思っています。


私は看護師を辞めるという決断をしました。

 

好きなことを仕事にしようと思い、

インテリアの勉強をしています。
いつかはフリーランスで働きたいと思っています。

 

こんな部分があることを知っていても、

私を選んでくれる人を大切にしたい。
自分を選んでくれた人には、

きちんと誠実に向き合いたい。

一人一人を大切にしたい。


そんな思いがあってフリーランスという働きからに

憧れているところがあります。


初めから夢のようなことを

言うことはできないと思いますが、
私の大好きな人が笑って過ごすために、
これからは私の出来ることを

お仕事という形で返していきたいと思っています。


少し長くなってしまいました。

私の短所のお話でした。
こんな私ですが、

これからもよろしくお願いいたします(^v^)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
本日もお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ