シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

【闇記事】つながりを断ち切って、人は生まれてくるんだよ。

どんな内容:RADに浸った今日、ドキュメンタリー映画のサブタイトルより。私が東京に上京して、得たものと断ち切ったもの(犠牲にしたもの)を考えてみました。

読んでもらいたい人:闇記事なので、気分が落ちている人は立ち入り禁止です。余計暗くなっちゃいます。目次を見ただけでも暗い(笑)

f:id:simple25best:20160322215703j:plain

『暗い記事なので、少しでも目の保養を@東京のどこかのお花屋さん』

◆目次◆

◇断ち切ったもの(犠牲にしたもの)

・お父さんの還暦祝い

・おばあちゃんの生きがい

・今までの友人

・自分の健康

 

◇得たもの

・東京の人の優しさ

・人とのつながり

 ◇断ち切ったもの(犠牲にしたもの)


・お父さんの還暦祝い

3月10日、父の60歳の誕生日でした。お父さんおめでとう。

私は東京にいて、直接お祝いすることはできませんでした。

電話でちょっとだけ話しました。

プレゼント何がほしいか聞いたけど、なにもいらないと。

赤いちゃんちゃんこは、さすがにまだ早いと思って、

赤いベストぐらいは買おうか聞いたけど、

なにもいらないと。

お母さんと電話する時は、全くなにもないけれど、

お父さんと電話すると、なぜか少し涙腺が緩みます。

「何かあったら電話しなさい。でも、なんにもない方がいいね。」

 

年々小さくなる背中を見るのもまだ慣れません。

人間、年をとって老いていくのは当たり前だけれど、

自分の親が老いていくことを受け入れることはやっぱりつらい。

 

以前お父さんの友人のおじさんが、

還暦祝いとして60本のバラを持って、

家族5人で楽しそうに写っている写真を見せてきたことがありました。

自分もそんな風にお祝いをしてもらえると思っていたら…と思うと

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

お父さん、ちゃんとお祝いしてあげられなくて、ごめんね。


・おばあちゃんの生きがい

私はおばあちゃんが大好きです。

が、おばあちゃんも私のことが大好きなんです。

おばあちゃんのご飯をおいしい、と言って食べる私が

生きがいだったと思います(たぶん)

今も月に一回メールする約束をしていますが、

おばあちゃんから来るメールの

「はやく帰ってきて」の文に胸が締め付けられます。

生きがいをなくして、認知症を発症しないか、

とても心配です。


・今までの友人

私は、好きなことを仕事にしたいと思っています。

仕事の愚痴なんて絶対言いたくありません。

たぶんこれから先、

全く話がかみ合わなくなってくるんだと思います。

上京するにあたり、自分が福岡を発つ日を

友人の誰にも教えませんでした。

酷いと言われるかもしれませんが、

アドレスを消した人もいます。

もう会わない人もたくさんいると思います。

今まで、私を支えてくれて、

ありがとう。ありがとう。ありがとう。ばいばい。


・自分の健康

家族の反対を押しきって上京しました。

学費・生活費を自分で賄わないといけません。

毎月のお給料とボーナスを少しずつ貯めて

やっと東京に来ることが出来ました。

4月からは学生ニートです。

東京の物価の高さにびっくりしています。

 

3月は馬車馬のように働いています。

労働基準法は一切無視しています(自業自得)

連勤しすぎて、自分でびっくりしました。

 

一言で言うと、ただこわいです。

やりたいこと、挑戦したいこと、勉強したいこと

たくさんあるのに、お金のフィルターではねのけられます。

 

美味しいご飯を食べるより、

東京でたくさん学びたいです。

そのため、食生活が犠牲になります。

なぜか、毎日焼き芋を食べています。

 

い、今は戦時中か?とツッコみたくなるくらい

毎食、焼き芋だったりします(爆)

 

自分の健康をお金に換えている感満載です。

今の若い内だから耐えられることなんだと思います。

私の身体よ、頑張っておくれ。(応援)

 

 

ガラにもない暗い内容はこの辺で、

今からは東京に来て得たものを話します(^v^)ニコッ

 

◇得たもの

・東京の人の優しさ

東京の人は優しくない。と聞きていて、

上京するにあたりすっごくビビッていたのですが、

誰ですか?そんなウソを広めたの…って感じです。

本当に東京の人は優しいと思います。

〈優しい人エピソード①〉

派遣会社のお兄さん…今派遣として働いていますが、

出勤初日にチョコレートをプレゼントしてくれました。

めちゃくちゃ嬉しかったです。

 
〈優しい人エピソード②〉

道に迷った時案内してくれた、出勤前の男性の方…

ガラケーユーザーなので、Googleマップを見れません。

それなのに、方向音痴であるためよく道に迷います。

そこで男性の方に道を尋ねました。

「この建物だと思います」と教えてくれたのですが、

実際向かうと、違う建物でした。

また誰かに声かけなきゃ…と思っていると、

「すみませーん。こっちの建物みたいです」と

わざわざ走って戻って来て、案内してくれました。

朝8時前の出勤時間帯の出来事です。

東京の人はどんだけ優しい人なんだ…と感動しました。

 

〈優しい人エピソード③〉

これも道を聞くシリーズですが、

わざわざ地図を書いて教えてくれた方もいます。

「地図もらってもいいですか?」と尋ねると、

「これは汚いから、もう一回書き直すね。すぐ書くからね」と。

どんだけ優しい人なんでしょう。

びっくりしてため息をついた覚えがあります。

東京人優しすぎです。

田舎者がスマホを持たずに、生きていけるわけです。

 

〈そのほかのエピソード〉

・駅名を間違っても(私漢字読めない爆)

 嫌な顔せずに教えてくれる。

・JRやメトロの違いをわからず聞いても、

 乗り換え含め丁寧に教えてくれる。

・行きたい場所の住所を見せると、

 地図を見ながら一緒に教えてくれる。

 

こんな感じで東京の人はとっても優しい……

あれ???…私は駅員さんの営業妨害をしている???

かもしれないことに今更気づく。

駅員さんいつもご迷惑かけて、すみません。

しかし、これからもよろしくお願いします。(懲りない)

 

・人とのつながり

本当にこれにつきます。

東京に来て新しい人間関係が構築されています。

たくさん断ち切ったものもありますが、

それ以上に新しいものがつくられている実感があります。

見ず知らずの田舎者の小娘に、みんなすっごく優しくしてくれます。

夢を応援してくれます。

もうそれが、どれくらいうれしいことか…

私は感謝の言葉でしかお返しが出来ません。

この場で申訳ないのですが、本当にありがとうございます。

福岡から一人で上京してきたのですが、全然寂しくありません。

毎日が刺激的すぎて、あっと言う間に過ぎてしまいます。

 

年をとった時に、

この東京で過ごした日々は宝物みたいになるんだろうなー

と日々思います。

東京に来ていなかったら、このブログも初めていなかっただろうなー

とも思います。

ブログを書く環境にいて、みなさんに出逢えてよかった(^v^)

 
つながりを断ち切って、人は生まれてくるんだよ。

 

私は福岡から東京に来るために、

たくさんのつながりを断ち切りました。

日々犠牲にしていることもたくさんあります。

でも後悔はしていません。

この選択が正しかったと思えるように

毎日を大切にしていきたいと思います。

 

ドキュメンタリー映画のタイトルを見て、

思ったことを、つらつら書いてみました。の巻

 

◆追伸

今日一番うれしかったこと。

 

最近、お料理ブロガーさんの記事を読んで、

お料理を作ることに、ほんの少しだけハマっています。

そして、こういう記事があったら、もっとわかりやすいかも…

とメッセージを送りました。

 

そうしたら、

次の日言われたことを参考にして、ブログ記事書きました。

とURLを貼り付けてあるメッセージが返ってきました。

 

それだけでも嬉しいのに、なんとその記事がばずったらしいです。

聞くところによると、はてぶは400以上ついて、

PVはなんと、3万にものぼりそう、とのこと。

どんだけすごいんだよぉぉぉ

 

人のブログなのに、

嬉しすぎてジーンとしちゃいました。

 

師匠おめでとう(^v^)

日々の積み重ねがきちんと実る体験を

目の前で見ることができました。

 

私もすっごくうれしいです。

そんな素敵な経験を

私におすそ分けしてくれてありがとう。

これからも応援しています(^v^)

 今日は幸せな一日

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後までお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ