シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

⑨14歳/中学2年生vol.1 @ゆとり世代の頭の中

ゆとり世代の頭の中

f:id:simple25best:20160314234130j:plain

<その当時を一言で要約>
部活に後輩が入ってくる


<エピソード>
先輩が卒業して同級生しかいなかった部活に後輩が入ってくる。
同級生はさぼるため、後輩指導に力を入れる。

後輩のいいところを見つけて声をかける。
決してミスをしても怒らない。

どんなちいさなことでもいいので、

練習メニューの中で、部内でNo.1になれるものを見つけるように指導する。

No.1になれる練習を一つ一つ増やしていくと、

上達するスピードが速くなることを根気強く伝えていく。

 

<思ったこと・考えたこと>
バスケットボールは1人で行うスポーツではないため、

自分だけが上手くなってはいけないと考え勝ちたい思い

を後輩指導に力を入れていました。

とても素直な子が集まってくれたので、とても指導しやすかった。

同級生ではなく、後輩と一緒に試合に勝っていきたいと思っていました。

 

<解説>
自分の「勝ちたい」という願いが一番叶いそうな方法を見つけた感じです。

さぼる同級生を真面目に練習させるより、

素直な後輩をほめて上達させるという方法です。

本当にかわいい後輩たちに囲まれていたと思います。

人数も多かったのですが、後輩指導は全く苦になりませんでした。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後までお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ