読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

㉗20歳/専門学校2年生@ゆとり世代の頭の中

脳内お花畑

ゆとり世代の頭の中

f:id:simple25best:20160519073325j:plain

<当時の出来事を一言で要約>
恐怖の実習もチームワークでくぐりぬける

<エピソード>
専門学校内で一番こわいと言われている先生と、
厳しいと有名の某病棟で実習となりました。
そこで実習メンバーで、先輩達からずっと恐れられている先生から
「今までで一番先生と仲良くなったグループになる」という
目標を立てました。

こわい先生から逃げるのではなく、
自分たちから向かっていこう。
先生から質問されるのではなく、
自分から積極的に質問していこう、と作戦をたてていました。
こわいと思っていた先生が、
私が患者さんとうまくコミュニケーションがとれない時に、
親身になってアドバイスをもらうことが出来きました。

<思ったこと・考えたこと>
困難な問題に直面した時、逃げるのではなく、
自分から向かっていくことが大切である、と経験することができました。
先生は、逃げるから追いたくなっていたんだなぁ、と理解しています。
自分から向かうことで、
自分の準備がちゃんとできているタイミングで勝負ができるので、
自分のペースに持ち込むことが出来ると思いました。
逃げるより立ち向かう方がずっと効率がよいと知ることが出来ました。

<解説>
ひとつの実習での出来事です。先生のことを敵といってはなんですが、
自分から向かっていくことの大切さを知ることが出来た体験です。
実際、この実習でグループのメンバーの一人が学校をやめてしまいます。
かなりショックの大きい出来事でした。
残ったチームメンバーとは、今でもご飯に行くくらい仲が良いです。

高校生の時の部活でも痛感したのですが、
立ち向かう壁が大きくなるほど、
チームワークが強くなることを再確認しました。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後までお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ