シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

㉙21歳/専門学校3年生vol.2@ゆとり世代の頭の中

ゆとり世代の頭の中

f:id:simple25best:20160524210128j:plain

<当時の出来事を一言で要約>
映画:「ショーシャンクの空に」という名作に出逢う

<エピソード>
いい映画を見ようと思い立ち、
映画を3本/週で見続けるという生活を送っていました。
ネットで調べて、おすすめの映画として名が出る映画を
TSUTAYAさんで片っ端から借りていきました。
その時に出逢ったこの作品。

とても王道ですが、私のNo.1映画です。
この映画は名シーンとして
希望の持つことの大切さについて語るシーンがあります。
でも私の大好きなシーンは少し違います。

主人公のアンディは罰として懲罰房に入れられるのですが、
その状況で「モーツァルトを聴いていた」
というシーンが私は一番好きです。

懲罰房は、真っ暗闇で誰もいない場所で
食事が一日1回しか与えられません。
罰として使う部屋のことです。
普通の人は絶望を味わう場所でも
アンディは心の中でモーツァルトを聴くことが出来るのです。

<思ったこと・考えたこと>
どんな環境にあっても、アンディは絶対に腐りません。
与えられた環境の中で、
自分にできる一番いい方法を見つけています。
他の人が地獄だと言っている場所でも、
考え方・心の持ち方次第で天国になることを映画から学びました。

<解説>
言わずとしれた名作です。
アンディの姿にとっても励まされています。
今でもつらいことがあった時は、
何度も見返す大好きな映画です。
アンディーは私のメンターの一人です。
それぐらいアンディの人間性にほれ込んでいます。
どんなに絶望と思える状況でも、
希望の光を見つけ出す力。
私もそんな力が持てるようになりたいと強く思った出来事です。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後までお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ