シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

㉚21歳/専門学校3年生vol.3@ゆとり世代の頭の中

ゆとり世代の頭の中

f:id:simple25best:20160524210128j:plain

<出来事>
読書生活が始まる

<エピソード>
元から漫画が好きで、約1日1冊ペースで専門学生時代から漫画を読んでいました。
売れ筋の漫画はほぼ制覇してしまい、
漫画では少し物足りない感じがして、
活字が読みたくなる、という衝動にかられました。
また看護師の世界は厳しそうであると予測できたため、
心の支えとなる言葉を求め、
本屋さんで漫画のコーナー以外をうろうろし始めました。

そこで
「死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉/著:千田琢哉」
とい本に出逢いました。

題名に惹かれて手に取りパラパラっと立ち読みし、
「あ、この本なら馬鹿な私でも読めそう(千田さんごめんなさい)」
と思いレジに持っていく。
この本との出逢いがきっかけで千田さんの信者となる。

<思ったこと・考えたこと>
本に書いてあることを見て、
自分が考えてきたことは間違えではなかったと確信する。
本は私を裏切らない。

本に書いてあることは、自分事に置き換えて考えることができ、
人に相談するより、答えが明確にわかることが多いと感じました。
良い言葉のシャワーをたくさん浴びたい!
と思うようになったのもこのころからです。

<解説>
千田本との出逢いです。
そこから少しずつですが、自己啓発書を読むようになりました。
今でも本を読むことが続いているのは千田さんのおかげです。
まだまだ未熟ものですが、
自分が未熟者であることを、まずは自覚することから始まりました。
本を読むことで、
自分の夢や生き方を考えるきっかけとなりました。
これからも読み続けて、
人生の予習をしていきたいと思っています。

◆追伸
上京してから、千田さんの新刊を読めていないことがストレスです(涙)
上京時に、少ない荷物と共に
千田さんの本を10冊持ってきたことは秘密です。

 

▼漫画しか読まなかった私でも1時間かからず読めました。
機会があれば是非読んでいただきたいです。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後までお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ