読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

㉝23歳/社会人2年目vol.1@ゆとり世代の頭の中

ゆとり世代の頭の中

f:id:simple25best:20160601205251j:plain

<当時の出来事を一言で要約>
自分の将来の方向性を考える

<当時のエピソードを思いつくままに語ります>
仕事をしている中でプロだと思う先輩から、一人で勝手に学ぶことにしました。
素敵な先輩よりお辞儀の大切さを教えてもらう。(勝手に自分で学びました)
患者様との最後のあいさつでは、
堂々と丁寧におこなうことを心がけています。
恥のないように、失礼のないように。

また自分の後ろには、病院の名前の看板があることを意識し、
毅然とした態度で接すること、あいまいな発言はしないことを
その先輩の姿から学びました。

がん宣告を受けてはじめて死を意識する人が多いことを知りました。
自分は死ぬ、という当たり前のことを改めて実感し、
その時から、自分の人生を生きる、
ということを真剣に考えているように見えました。
平均寿命が80歳であろうと、
だれでも80代まで生きれるわけではありません。
明日交通事故で死ぬ可能性も0%ではないはずですあ。
仕事をしていく中で、命や生きるということを
もう一度考えるきっかけとなりました。

<当時思ったこと・考えたこと>
2年でこの病院を辞めると決意していたので、
この職場の良いものはすべて吸収出来るように、
お手本になる看護師の先輩はどのように仕事を進めているのか、
人に対する接し方など、一緒に働きながら技を盗んでいました。
なぜこの先輩は感じがよいと感じるのか、
なぜ曖昧な発言はしないのか、と自分なりに分析し、
マネできるものは、片っ端から真似をしていました。

同時に自分がどんな看護師になりたいかを考え、
自分の利益だけではなく、
患者さんや後輩など弱い立場の人の立場で、
考えることのできる人になりたいと思っていました。
(今の目標はまた、違うものですが)

患者さんの死を目の前にして、
自分の命にも必ず終わりがあることを
嫌でも考えさせられました。
なんのために仕事をしているのか、
どうやって生きていきたいのかを
徹底的に考えるきっかけになりました。

<解説>
自分の将来について真面目に考える2年目です。
2年でこの職場は辞める、と決意していましたが、
これから何をやっていきたいかを模索していたころです。
(懐かしいな~)

 

私はやりたいことをやるために、

仕事を辞めると決心したのではなく、

仕事を辞めると決心してから、

やりたいことをひたすら探しました。

普通に考えると順番が逆なんです。

でもそれでよかったと思います。順番なんて関係ないんです。

だって今が楽しいと思えるからです!

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後までお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ