読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

出産の痛さを男性でもわかるように伝えようと思う

ちょっと真面目な話

どんな内容:出産の痛さって男性にとっては未知数ですが、あの痛さをわかるように伝えたいと思います。

読んでもらいたい人:出産の痛さがわからない人

f:id:simple25best:20160818205019j:plain

出産の痛みって

よく「鼻からスイカをだすぐらいの痛み」っていいますが、

これじゃ伝わりませんよね。

だって、鼻からスイカはでないじゃん…

と当たり前のツッコミをしたくなります。

 

私は出産経験ありませんが、

看護実習の一環で、

出産に立ち会わせいただきました。

 

その実習で私は経験してもない

出産の痛みを知ることになります。

 

立ち会わせていただいた

妊婦さんは予定日になっても陣痛がこなかったので

陣痛促進剤を使って陣痛を誘発していました。

 

その時点でもかなりお腹が痛むようでした。

生徒で背中をさすったりしていましたが、

その日の内には分娩を誘発することが出来なかったので

翌日また促進剤を使用することになりました。

 

翌日促進剤を使用して陣痛も本格的に始まりました。

お母さんの痛みに耐えている中、

背中をさすることや「頑張って」

なんて当たり前の言葉しかかけられず

自分の無力さを痛感することに。

 

そんな中でも陣痛はどんどん強くなり、

お母さんの唸るような声が響くようになりました。

 

母さんがいきむけれど、なかなか赤ちゃんが出てきません。

何もできない私は、ただ立ち尽くすだけの時間が流れました。

 

陣痛もピークのようで、

唸り声叫んでいるのか区別がつかない声が響きます。

赤ちゃんの頭が大きくて、

お母さんの産道にひっかかっているようでした。

 

そこで私の予測を超えることがおこります。

 

赤ちゃんが産道から出てこないことを確認した医師が

「切りまーす」と言ってお母さんの赤ちゃんの出口を

クーパーというハサミでチョキっと切ったのです。

 

あまりにも一瞬の出来事で???という感じでした。

しかし、普通に手術などでクーパーを使うこと考えたら、

大切な工程が抜けています。

 

麻酔です。

クーパーで陰部を切るのですが、

麻酔を使わず、そのまま切ったのです。

 

「え、麻酔は使わないんですか?」

と実習担当の先生に質問をすると、

陣痛があまりにも痛いため、
皮膚をハサミで切っている痛みなんてわからないから、
麻酔は使わない。

とのことです。

 

男性のみなさん、

これで出産の痛みが少しは想像がついたのではないでしょうか?

陰部を麻酔を使わずハサミで切っても、

その痛みがわからないくらい陣痛は痛いということです。

 

どんだけ陣痛って痛いんだ…とびっくりしているヒマもなく

「おぎゃー」と赤ちゃんが産まれました。

元気な女の子でした。

会陰切開(赤ちゃんの出口を切開)すると

瞬く間に出産という流れになります。

 

出産が終わると、切開した皮膚は医者が縫います。

その時も麻酔を使わず、陰部をささっと縫合していました。

 

この会陰切開は

初産の7割以上が経験するというデータもあります。

もしかしたら、

みなさんのお母さんも経験しているかもしれません。

 

想像を超える痛みに耐えて

産んでくれた母には、一生頭が上がらないと感じた

産婦人科の実習でした。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後までお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ