シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

もし地震が来たら…

どんな内容:近いうちに起こるかもしれない未来に想いを馳せます。

読んでもらいたい人:ヒマな人

f:id:simple25best:20161210224631j:plain

『私の心の支えです』

学校の先生から一つの忠告を受けました。

2017年2月までに東京で大地震が起こるよ、と。

某大学教授のメルマガ情報らしいです。

 

私はまだ大地震の恐怖を知りません。

この間あった東京であった地震も、

寝ぼけた頭で「あ、揺れてる…でも眠い」と

二度寝をしてしまいました。

 

地震の恐怖を知らないからか、

防災グッズを持っているわけでもありません。

本当に恐怖心が薄いんだと思います。

 

でもどんな大地震が来ても命が助かれば

大丈夫だと思っています。

 

もともと何も持たずに来た東京。

もし地震が来て避難所生活になったとしても、

きっとその場所で居場所を見つけるのだと思います。

 

ずっと自分の心の中でつぶやいている言葉があって、

きっと、どこでも、誰とでも、どんな状況でも
私は希望をみつけてやっていける

です。

 

きっと避難所生活になれば、

その場でしか会えない人たちがいて、

そこで新しい人間関係を築いていくのだと思います。

一期一会という言葉をすごく感じるんじゃないのかな?

 

地震が起こったから出会えた人たちがいて、

だからこその、絆が築けると。

 

もちろん地震が来てほしいわけではないけれど、

日本で生きていくということは、

地震と共に生きていくことだから。

今のうちから

どうやったら震災を乗り越えれるのか?

を考えるには遅くはないと思います。

 

ハード面は全く準備していませんが(笑)

ソフト面は少しずつ準備しています。

 

小学校で避難所生活になったとしても、

その毎日がピクニックみたいと思えたら…

 

全く知らない人たちと共同生活。

自分の思うようにいかないことも

たくさんあるのはわかっていますが、

みんなで一緒に寝て、起きて、食べて…

ピクニックやキャンプに行っているような感覚で過ごせたら

少しは気が楽になるのではないでしょうか。

 

地震が来なかったら、こんな悲惨な生活なんて送らなくていいのに。

とマイナスな気持ちで考えても

起こってしまったことは元には戻らないし、

人間が自然災害に打ち勝つことなんてできないので、

少しでもプラスに考えれる心の余裕を持つ方法を

今から考えたいと思います。

 

まあ、命が助からなければ元も子もないので、

うっかり死なないように、

気をつけたいと思います。

でももし明日死んでも、ひとつの後悔もなく

いい人生だったと言い切れますが(^v^)

 

みなさんは、心も身体ももしもに備えて下さい。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後までお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ