読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル(^ν^)ベスト

シンプル ニコ ベスト主宰@おんこのブログ

オニハソト、フクハウチ

東京旅日記

はどんな内容:節分の今日、昔の思い出。

読んでもらいたい人:ヒマな人

f:id:simple25best:20170203202118j:plain

今日は楽しみにしていた節分です

 

絶対に食べるぞとマークしていた

寝かせ玄米の恵方巻をGETし

(ちゃんと予約までしていました(笑))

北北西を向いてむしゃむしゃ食べました

 

楽しみにしていた恵方巻

無事食べることが出来て大満足です

パリピ計画も一つ叶いました(^v^)

 

四季のある日本で育って

素敵な行事の残る現代に生きることが出来てよかったです。

 

実家が割と行事ごとを大切にしていて

節分の日は恵方巻を食べて、

そのあとに豆まきをしていました

 

鬼のお面をかぶった父に向って

「オニハーソトー」と

大豆の豆を投げて

この日のためにキレイに掃除された家に向かって

「フクハーウチー」と

甘くてカラルフなお豆を投げます

 

そのあと、家にまかれたお豆を

自分の歳+1個を拾って食べる

というのが実家のルールでした。

 

次の日の朝、庭にまいた豆をハトが食べに来てたな~

なんて懐かしいことを思い出しました

 

四季や季節の行事を大切にしていると、

大人になっても

自分の小さいころの思い出を思い出して

懐かしむことができるなーと実感中。

 

冬至の日はかぼちゃを食べて、ゆず風呂入ったり、

土用の丑の日はウナギ食べたなーとか。

 

一年に1回のイベントだけれど、

二十数回経験すると親しみが湧きますし、

なにより家族のことを思い出します

 

お子様がいる人は、

是非とも季節の行事を大切にして

子ども達が大きくなった時に

行事を迎える度に家族の思い出を

思いだすように洗脳!?!?!?

してほしいと思います(笑)

 

改めて季節のイベントごとを大切にする

家族の一員として育ててもらえて本当に感謝です。

 

おとーさん、おかーさんありがとうね(^v^)

 

 

◆どうでもいい追伸

お昼に食べに行った近所の蕎麦屋さんで

豆まきのお豆をもらいました

季節の行事を大切にするお食事処

お豆をもらった時に、とっても嬉しくなりました。

また行きたいと思います(^v^)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後までお読みいただき
ありがとうございます
(^v^)ニコッ